GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料

GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料

990円

GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料

GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料:最も明るくクールなアイテムを店舗に持ち込みたいという私たちの願いから、特定のニッチセグメントに専念するチームは、スキルと知識を使用して、時代の先を行くトレンドを見つけ、店舗ネットワーク全体を構築するためのプラットフォームをブランドに提供します。 素晴らしい,!超美品再入荷品質至上!,【使い勝手の良い】GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料
fc2ブログ

ザスパクサツ群馬・田中稔也・久保田和音、10番&16番

2022年シーズンの背番号を発表したザスパクサツ群馬である。
久保田和音は昨年同様に16番、田中稔也は新たに10番を背負うこととなった。
これは素晴らしい。
鹿島アントラーズユースの10番が、ザスパを牽引することとなろう。
稔也のテクニックでJ2残留に道美育のだ。
注目しておる。

2022シーズン選手背番号決定のお知らせ

Fマリノス・永戸勝也・小池裕太、コメント

左SBとしてFマリノスに新加入しコメントを発した小池裕太と永戸勝也である。
ライバル関係を前向きに受け止めておる。
そして永戸に関しては移籍の経緯についても語っておる。
「去年の後半はなかなか出場機会に恵まれず、もがいていたところにオファーをいただいた。僕のことをすごく評価してくれたという印象で、このチームでやってみたい気持ちは数年前から持っていたのであまり悩む時間はかからなかった。楽しみな気持ちになって決断した」とのこと。
与えられた背番号からも、ポジションは用意されておるのであろう。
この永戸の左足を封じきり、対戦時には勝利を掴み取る。
楽しみである。

横浜FMに強力LSBがダブル加入…永戸・小池裕が明かした“移籍の経緯”

湘南ベルマーレ・永木亮太、背番号41

2022年シーズンの背番号を発表した湘南ベルマーレである。
山本脩斗と杉岡大暉は昨年同様に16番と2番を背負う。
復帰した永木亮太は41番。
特別指定時に着けておった番号とのことで思い入れが表れておる。
アグレッシブなプレーにてJ1残留にじんりょぅするのだ。
対戦が楽しみである。

2022シーズン 全登録選手 背番号決定のお知らせ

Fマリノス、2022年シーズン・背番号発表

2022年シーズンの背番号を公表したFマリノスである。
永戸は2番、小池裕太は26番とのこと。
このあたりに期待の表れが覗える。
鹿島のレギュラーとセレッソのサブの差であろうか。
とはいえ、スタートラインと実力は別のモノ。
小池がポジションを得る可能性もあろう。
Fマリノスのレギュラー争いに注目である。

選手・スタッフ

伊藤翔、松本山雅退団

期限付き移籍期間満了にて松本山雅FCを退団した伊藤翔である。
クラブをJ2残留に導けず無念をコメントに残す。
この時期に発表そしてレンタル元の横浜FCから(現時点では)の発表がないところから横浜FCも退団し、フリーになったということなのではなかろうか。
得点感覚は天下一品であるこのセンターFWの次なるクラブはどことなるのであろうか。
去就に注目である。

伊藤 翔選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ

追記
14時発表の横浜FCメンバーに名があり、2022年シーズンは横浜FCにてJ1昇格を目指す様子。
ゴールの報を待っておる。

2022シーズントップチーム体制および 選手背番号のお知らせ

鹿島興味のニコン、インテルナシオナルと破談

SCインテルナシオナルとの契約が破談となったと報じられるアトレチコ・パラナエンセのニコンである。
ニコンは既に契約満了となっておりフリーにて獲得が可能の選手である。
Fマリノスと名古屋グランパスが正式オファーを出しており、鹿島も関心を持っておったと報じられるアタッカーであるが、状況を静観するところ。
鹿島としては、陣容はほぼ固まっており、獲得するには誰かしらを放出せねば戦力がダブついてしまうであろう。
ニコンにはサンパウロ入団が間近との報もある。
来たら喜び、来なければ縁がなかったと思うところ。
続報を待ちたい。

鹿島・横浜FM・名古屋にチャンス!?ブラジル人MFの国内移籍が破談

レアンドロ、FC東京メンバー発表に名前なし

FC東京の2022年シーズンメンバー発表に自身の名がなく困惑するレアンドロである。
レアンドロ本人は新監督のTweetにリプするなど、新シーズンもFC東京にてプレーする気持ちでおった模様。
しかしこの状況に困惑し、中国のクラブからのオファーを明かしながらも、FC東京からの連絡を待っておるとのこと。
これは代理人及びFC東京側の大失態のように見える。
こういった契約周りがはっきりさせぬまま公表してしまう体質がMIXIにはあるのであろうか。
いずれにせよ、レアンドロ自身が幸せにプレー出来る環境を与えて欲しいところ。
続報を待っておる。

FC東京レアンドロ「中国からオファーが…」まさかの“カミングアウト”に「暴露ワロタ」

サンジロワーズ・町田浩樹、親善マッチにてゴール

親善マッチにてゴールを決めたサンジロワーズの町田浩樹である。
ベンチスタートだったマチだが後半から投入され、20分でイエローカードを受けるなどアグレッシブな姿勢を見せた。
そして72分にCKからゴールを決めたとのこと。
またマチの出場している間は知ってせずに試合を終えておる。
これは大きなアピールとなった。
背番号も5番が与えられており、クラブの期待も覗える。
上々の欧州デビューではなかろうか、
更なる活躍の報を待っておる。

ベルギー移籍のDF町田浩樹が実戦デビュー戦で初ゴール!! 親善試合でアピール成功

京都サンガ・豊川雄太、背番号は23

京都サンガでの豊川雄太の背番号が発表された。
23番。
R・マドリー時代のベッカムや香川真司をリスペクトであろうか。
それとも、マイケル・ジョーダンにあやかったのであろうか。
いずれにせよ、攻撃を牽引するアタッカーとして活躍して貰おうではないか。
その本人は「サンガのためにハードワークして、たくさんゴールできるようにベストを尽くす」と語る。
プレースタイルが伝わってくる。
ハードワーカーとの対戦が楽しみである。

2022シーズントップチーム編成について

12年ぶりJ1の京都が新体制発表 曺貴裁監督「京都からサッカー文化を世界に発信する」

アビスパ福岡・奈良竜樹・杉本太郎・金森武志、背番号3・8・7

アビスパ福岡にて背番号3を充てられた奈良竜樹である。
これは少々驚いた。
奈良の3番へのこだわりとそして福岡が奈良に託した想いが伝わってくる。
請われた移籍を果たしたことがよくわかる。
2022年シーズンは恐ろしい壁となって立ちはだかってこよう。
奈良の守備を掻い潜りゴールを奪うのだ。
また杉本太郎は昨季同様に8番、そして金森武志は7番に昇格した。
二人ともアタッカーとしてポジションを確立し、福岡を象徴する選手となった。
今年もまた脅威となろう。
鹿島色の強い福岡との対戦が楽しみである。

2022シーズン新体制 および 選手背番号決定のお知らせ

ツエーゲン金沢・須藤直輝、背番号26

ツエーゲン金沢にて背番号26を背負う須藤直輝である。
鹿島アントラーズFC時代と同様の番号となった。
これは借りパクの可能性が低くなったように感じる。
金沢にて躍動し、愛されてもらいたい。
ゴールの報を待っておる。

2022シーズン新体制及び背番号決定のお知らせ

GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料

ベガルタ仙台にて背番号50を背負う遠藤康である。
これはまた特異な番号を選んだという感想を持つ。
チーム最大番号という意味なのか、25番に2番目のクラブを懸けた形であろうか。
いずれにせよこの仙台にて光り輝いて貰いたい。
活躍の報を待っておる。

トップチーム選手・スタッフ

今冬のJリーグ移籍市場のトレンド

今冬の移籍市場について記す報知新聞の種村亮記者である。
大きなポイントは各クラブの財政悪化に伴う低予算であろう。
それに伴い、J2からのJ1引き上げが目に付く。
鹿島アントラーズFCもヴァンフォーレ甲府より中村亮太朗を引き抜いた。
大卒であり、実戦経験を積んだこともあってのターゲッタだったように見える。
当然即戦力の補強と言えよう。
ボランチとしてはキャプテンである三竿と助っ人のピトゥカが不動のポジションを得ておる。
ここに二人とはタイプの異なる中村亮太朗がどう絡んでくるのかが、2022年シーズンの注目である。
鹿島スカウトの目がどのように光ったのかも含めて非常に興味深い。
中村亮太朗の躍動を期待してシーズンインを待つ。
この時期の楽しみである。

今冬もJリーグ移籍市場のトレンドは「J2からの個人昇格」 J1クラブスカウトが明かす3つの理由

チーム始動日・キャンプスケジュール決定

シームの始動日及びキャンプ日程を公表した鹿島アントラーズFCである。
通常であれば前年中に発表しておったことであるが、新型コロナウィルスの影響にてレネ・ヴァイラー監督の来日が不透明であること、オミクロン株の急拡大にてキャンプのファンサービスについて確定させることが難しかったのであろう。
少なくとも、収まるまではクラブハウス及びキャンプの練習見学は中止となった。
また、監督の来日も不透明のため、計画などはオンラインにて共有し、現場は岩政コーチが仕切ることとなる。
岩政コーチの力量が試される。
ここで力を発揮し、より良いチームを造っていって貰いたい。
そして、キャンプ日程が、1月24日〜2月4日ということで、心配された荒木遼太郎と上田綺世の日本代表メンバーもキャンプには参加出来ることがわかった。
一安心である。。
更に開幕の1週前の3連休にはPSM水戸戦が行われるのではなかろうか。
詳細がどうなるのかを知りたいところ。
そしていよいよ新シーズンが間近となった。
楽しみである。

2022年チームスケジュールについて

鈴木優磨の移籍金は200万ユーロ

鈴木優磨の移籍について伝えるベルギー現地メディアである。
立石CEOによると移籍金は200万ユーロとのこと。
シントトロイデンとしては昨夏であれば500万ユーロであったところを売り時を逃した格好である。
逆に鹿島アントラーズFCは欧州リーグ17ゴールのストライカーを格安にて手に入れた。
この実績通りの活躍を期待する。
楽しみである。

Vorige zomer vroeg STVV nog 5 miljoen euro voor Suzuki, nu gaat hij weg voor 2 miljoen

高桑大二朗氏、川崎フロンターレのGKコーチに就任

川崎フロンターレのGKコーチに就任した高桑大二朗氏である。
U-20日本代表のGKコーチからステップアップした格好である。
鹿島にて三冠を達成したGKが川崎を強化することとなろうとは。
この高桑に鍛えられたGKからゴールを奪い勝利を掴み取りたい。
決戦である。

高桑大二朗氏 トップチームGKコーチ就任のお知らせ

伊東幸敏、ジェフユナイテッド市原・千葉から大分トリニータへ移籍

ジェフユナイテッド市原・千葉から大分トリニータへ移籍する伊東幸敏である。
これは面白い。
2021年シーズンのJEFは3バックへの移行などがありユキの出番は限られた。
大分トリニータの下平隆宏新監督は横浜FCにて4バックを基調としておったこともあり、2022年シーズンは大きなチーム改革が行われよう。
ユキの出番もあると思われる。
激しい上下動にて大分を活性化せよ。
ユキの躍動を楽しみにしておる。

伊東 幸敏選手 ジェフユナイテッド市原・千葉より完全移籍加入のお知らせ

伊東幸敏選手の契約について

樋口雄太、2021年シーズンのスーペルゴラッソ

昨年・鳥栖時代の樋口のスーペルゴラッソを紹介するフットボールチャンネルである。
右に持ち出して振り抜いたミドルはGKが全く動けないゴラッソであった。
豪快すぎる。
またこの試合、先制点のアシストも樋口である。
左足にてクロスを上げておる。
両足遜色ないことがよくわかって嬉しい。
鹿島は素晴らしいアタッカーを手に入れた。
今年は樋口の攻撃力にて勝利を積み重ねたい。
楽しみである。

目を見張るほど強烈! 鹿島アントラーズ新加入MFのスーパーゴール! 長所が表れたしびれる一発

サンジロワーズ・町田浩樹、できるだけ強いチームでやろうと決めました

サンジロワーズへの期限付き移籍が決まった町田浩樹にインタビューを敢行した報知新聞の星野浩司氏である。
マチの心情が伝わってくる。
この中で「決め手は強いチームだったこと」という言葉が特にマチの向上心を感じさせる。
篤人に相談し欧州CLに出場する可能性があるクラブを選択したことからも、更なる上を目指す事が伝わってくる。
日本人選手が欧州というだけで下位クラブに移籍して失敗したケースを多く観てきただけに、このチャレンジは良い方向に向かうのではなかろうか。
まずはレギュラーポジションを掴み取り、そこで結果を出していくのだ。
活躍の報を待っておる。

ベルギー移籍のDF町田浩樹にインタビュー 目標は欧州CL出場「鹿島を背負って活躍、恩返ししたい」

さらば町田浩樹

サンジロワーズに期限付きで移籍する町田浩樹である。
既報ではあったが本当に痛い。
シーズン終盤のマチ+関川のコンビは昌子+植田を超えたと強く感じておっただけに来季への光明を失ったようにも思えた。
しかしながら、欧州志向の強い選手を留めておくような事は日本サッカー界にとってプラスにはならぬ。
そしてこれを見越してのキム・ミンテの獲得と考えられる。
またサンジロワーズから期限付き移籍の契約しか勝ち得なかったことは、評価として厳しいところ。
その評価を覆し、完全移籍を、そしてそこからのステップアップをしていくのだ。
活躍の報を待っておる。

町田選手がロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズに期限付き移籍合意

サッカー批評、鹿島アントラーズ・2022年予想布陣

2022年シーズンの鹿島アントラーズを予想するサッカー批評編集部である。
「レネ・ヴァイラー監督は、これまで4-2-3-1や4-1-4-1を用いて戦ってきたようだ。2021年の鹿島も2人のボランチを置くシステムで戦っており、4-2-3-1が落ち着きどころとなる可能性は高いだろう」とし、昨年の布陣に新戦力である樋口、仲間、キム・ミンテを組み込んだ形を提示しておる。
ただ、昨日、電撃的に発表された鈴木優磨に関しては画像が間に合わず、文章にて触れただけに留まっておる。
優磨を組み込んだ布陣がどのようになるか、想像するだけでワクワクさせられる。
レネ・ヴァイラー監督は4バックと1TOPを好むと聞いておるので、綺世と優磨をどのように共存させるかが気になってくる。
2TOPを採用すると、荒木をサイドに追いやることとなり、荒木の魅力が薄れる、優磨をサイドに置くと、不船サイドアタッカーを持て余すと、完璧な布陣が難しい。
どのように落とし込んでいくのであろうか。
開幕までそれを想像することもまたこの時期の楽しみと言えよう。
そしてサッカー批評編集部が「鹿島アントラーズにとっては、勝負のシーズンとなる。単にタイトルを目指すといった目の前の戦いだけではなく、未来を懸けた1年になる」と評するように、2022年シーズンはクラブの将来を懸けたものとなる。
若い選手に勝利の味、タイトルの魅力を覚え込ませる必要がある。
序盤から勝利を積み重ねてタイトルを獲る。
2022年シーズンの使命である。

【移籍でこうなる!】鈴木優磨も電撃復帰!「変革」は成功するか!? 勝負のシーズンに挑む鹿島アントラーズ【2022年J1クラブ最速予想】

オカエリナサイ、優磨

鈴木優磨の加入が正式発表された。
今朝の報道だけでは眉唾であったが、こうして公式サイトに載ると嬉しさ一入である。
本当に嬉しい。
「アントラーズに関わるすべての人たちを笑顔にするため、このクラブを優勝させるために帰ってきました」という言葉に信念を感じさせる。
劇的な復帰が如く、劇的なゴールを積み重ねていって貰いたい。
期待しておる。

鈴木選手の加入について

荒木遼太郎、2022年初蹴り

地元・熊本にて初蹴りする荒木遼太郎である。
シャルムFCの子供たちに迎え入れられ2022年を始める。
今年は更に飛躍してくれよう。
期待しておる。

鹿島アントラーズの荒木遼太郎選手 出身クラブで初蹴り

シントトロイデン・鈴木優磨、古巣・鹿島アントラーズFC復帰か?

シントトロイデンの鈴木優磨が鹿島アントラーズFCに移籍すると報じるスポーツニッポンである。
これは驚きの報。
今冬の移籍は確定しておったが、その移籍先が古巣であるJリーグクラブとなるとは思いもよらなんだ。
シントトロイデンとしては、この冬に優磨を売却することが目的であったために、満額の移籍金を支払うクラブであればどこでも良かったと思われる。
問題は優磨自身の欧州への想いであるが、それをほだしたクラブの手腕には感嘆の声しかない。
夏に安西を戻したこともこの伏線と言えよう。
二人の関係性が優磨の感情を揺るがしたように思う。
多額の移籍金を捻出した小泉社長、この移籍を成し遂げた吉岡新FDの働きは驚愕である。
新生・鹿島アントラーズFCは大いなるセンターFWを手に入れる。
楽しみである。

鈴木優磨が鹿島に2年半ぶり電撃復帰!昨季17得点で海外複数クラブが興味も古巣への愛貫いた

エヴェラウドの去就について

エヴェラウドについてブラジル現地情報から記事を書いたFOOTBALL TRIBEのShota氏である。
あまりの内容の無さに唖然とさせられる。
結局のところ、興味や関心があるという情報はあるがオファーには至ってないと読み取れる。
そして、設定された高額の移籍金とエヴェラウド自身の年俸がネックとなっておることは容易に推測出来よう。
今冬の移籍はない「と思われる。
2022年シーズンには復活して爆発してくれることを望む。
期待しておる。

鹿島エヴェラウドの去就は…ブラジル1部会長と代理人が会談も…

いわきFC・有馬幸太郎、背番号10

いわきFCにて背番号10を背負う有馬幸太郎である。
これは嬉しい。
クラブからの期待が表れておる。
フィジカルサッカーを体現し、主軸として躍動するのだ。
注目のセンターFWである。

いわきFC OfficialSite

クォン・スンテ、契約延長か

自身のInstagramのプロフィールを更新したクォン・スンテである。
昨年末には「2017-2021」としてあった表記が「2017-」に変更された。
これは歓喜としか言いようがない。
2022年シーズンもGKはスンテ・沖・早川・山田の陣容にて挑むこととなろう。
心強い。
関川郁万もスンテが後ろを守ってくれることで大きく成長したと述べておる。
屈強な守備陣にてタイトルを目指す。
信頼のGKである。

鹿島クォン・スンテが一転残留!?インスタの“変化”にサポーター歓喜「年始から最高!」

アトレチコ・パラナエンセのニコン、SCインテルナシオナルへ移籍

先日話題となったアトレチコ・パラナエンセのニコンであるが、SCインテルナシオナルへ移籍することを決断したとのこと。
それ以上に、「昨季開幕前には柏レイソルからの関心が取りざた」と記事にあり、そもそも鹿島ではなく柏であったと思える。
これにて、この件は終了となった。
新たな助っ人が来るのかどうか、または陣容はかわらぬのか。
楽しみに待ちたい。

鹿島・横浜FM・名古屋が獲得失敗!?ブラジル人MFの国内移籍決定と現地報道

山東泰山・黒崎久志ヘッドコーチ、チームを中国超級リーグ優勝に導く

山東泰山を中国超級リーグ優勝に導いた黒崎久志ヘッドコーチである。
これは素晴らしい報。
大岩監督時代にコーチとして支えた手腕がここでも発揮された。
そしてまた一人、鹿島アントラーズFCが多くの素晴らしい指導者を輩出し続けることを証明した。
カップ戦も獲り二冠を成し遂げるのだ。
朗報を待っておる。

山東泰山が中国リーグ優勝!元鹿島の黒崎久志氏、ヘッドコーチとして11年ぶりの栄冠を支える

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年は新生・アントラーズ元年と言って良かろう。
長らく得ておらぬタイトルを奪回し、黄金期の幕開けとしたい。
レネ・ヴァイラー新監督の下、チーム一丸となって勝利を積み重ねるのだ。
若き選手たちの躍動を楽しみにスタジアムに通う。
必勝である。

2021年を振り返って

2021年を振り返ろう。

・新戦力
新助っ人としてアルトゥール・カイキとディエゴ・ピトゥカが発表され、それ以外は新卒・トップ昇格6人のみという前年の体制を引き継ぐ格好でシーズンインした。
しかしながら、新外国人の二人は新型コロナウィルスの影響にて入国が遅れ、合流は4月の後半を待たねばならなかった。
これがリーグ戦の行方に大きくのしかかったように感じさせられる。

・リーグ戦序盤
上記のように2020年シーズンからの上積みがなく開幕を迎えた。
しかしながら、2020年シーズン終盤の好調さと、エヴェラウドと上田綺世の突出した得点力に後押しされ、メディアなどの成績予想は優勝をも狙えるというものであった。
がしかし、蓋を開けると低空飛行を続け、アウェイ・浦和戦の敗戦を持ってクラブはザーゴ監督解任を決め、アウェイ・札幌戦後に発表された。
理由はいくつかあろう、そしてザーゴ監督にも言い分はあろう。
とはいえ、これだけ不安定な試合を続け、4月の時点で優勝がほぼ不可能という順位に沈んでは、責任を負って貰う以外になかったように見える。
不幸は重なり、エヴェラウドとファン・アラーノが新型コロナウィルス陽性反応となりチームを離脱することとなった。
そして、相馬コーチが監督に就任すると成績は急上昇した。
外から観る限り、監督交代は正解であったように思える。

・夏の補強・移籍
夏には安西幸輝の復帰、ブエノの期限付き移籍満了による復帰の補強があり、小泉慶が完全移籍・白崎凌兵が期限付き移籍で鳥栖に、杉岡大暉の期限付き移籍にて古巣・湘南へと去った。
安西の加入は大きな驚きであり、秋口には完全なるレギュラーポジション得てチームに躍動感を与えた。
夏の放出は過密日程が過ぎたところでの戦力のだぶつきを抑える形であったように思う。

・ルヴァン杯
GSはザーゴ監督下でも相馬監督の下でも好調であり、無敗にて1位突破を果たした。
舩橋や須藤、林がデビューし、若手の登竜門として機能した。
しかしながら、決勝トーナメントにて名古屋に屈する。
屈強な相手CBを破ることが出来ず、2試合を通じて零封されたことが痛い。
後にこのうちの一人であるキム・ミンテを獲得することになった事網頷ける。

・天皇杯
ベスト16までは下のカテゴリーが相手であり、順調に勝ち上がることが出来たが、準々決勝戦にて川崎フロンターレと対戦し、良いところなく敗れた。
戦い方などを含めて、非常に無念な気持ちとなった事は事実である。
この試合を体験し、鈴木満FDが退任の意を決したことでもある意味、重要な試合であった。

・リーグ戦
序盤にて負けが込み、優勝は狙えぬ状況ではあったが、相馬監督は良い采配をして最終的に4位にまで順位を上げた。
相馬監督の得た平均勝ち点は2点以上であり、これは大きく評価出来る事実である。

・退団
日程終了後に、相馬監督の退任、コーチ陣の一新、奈良、永戸、犬飼、佐々木、レオ・シルバ、永木、ヤス、白崎、有馬の完全移籍、杉岡、須藤に期限付き移籍が発表されておる。
町田浩樹の欧州移籍も秒読みであろう。
この大きな変革は、そこそこの成績では勝ち点80を越えるリーグ戦での優勝争いは難しいという判断と思われる。
この大きな変革を置き土産に鈴木満FDも退任する。

・来季に向けて
来季2022年シーズンは吉岡FDがチームを編成する。
既に、溝口くんがトップ昇格、キム・ミンテ、仲間、樋口、中村亮太朗の獲得、、小田と名古の復帰が発表されておる。
チームを率いるのは、レネ・ヴァイラー監督監督となり、ヘッドコーチには岩政大樹が抜擢されておる。
吉岡色はどのようになるか楽しみで仕方がない。
ただ、新型コロナウィルスの影響にて新監督の来日が未定であることだけは不安と言えよう。
そこは岩政コーチの手腕にて乗り切っていきたいところ。
26年前・1996年に満さんが強化部長に就任した際にはタイトルを得ておる。
同様に吉岡FDにも勝ち運があることを祈る。

良いお年を。

シントトロイデン・鈴木優磨、移籍先は如何に

シントトロイデンの鈴木優磨について記すthe WORLDである。
優磨がチームには別れを告げており、移籍は確実のようであるが、ベルギー国内は消滅し、ドイツ2部のシャルケもしくは古巣である鹿島アントラーズFCと伝える。
文責のない記事であり、移籍先は全くの推測でしかないが、もし鹿島復帰であれば喜ぶ者が多かろう。
ただし、シントトロイデンというクラブは転売目的で優磨を獲得しており、高額の移籍金が必要であり、また優磨自身も欧州でのステップアップを強く望んでおる。
この状況を考慮すれば、今冬の復帰はないように感じさせられる。
しかしながら、移籍とは全ての人物が納得する状況で行われるものでは無い。
何が起こっても不思議ではなかろう。
優磨のステップアップ移籍も鹿島復帰も、どちらが起こっても素直に喜ぶ。
鈴木優磨の去就に注目である。

ベルギー3季目の前半戦は失敗に…… 大迫の後釜と期待されたストライカーはどこへ行く

鹿島アントラーズFC、アトレチコ・パラナエンセのニコンに関心か

鹿島アントラーズFCがアトレチコ・パラナエンセのニコンに関心と報じるブラジルメディア『gauchazh』である。
ここに来て新外国人の話題が出た。
ニコンはトップ下やウィングを務める攻撃的MFで今季は3G5Aの成績だったとのこと。
また今季末にて契約満了となりフリー移籍が可能。
他のJリーグクラブやブラジル国内、欧州、中東からも狙われておるとのことで、獲得は難しかろう。
また、得意の"Kashima"、"Kashiwa"問題の可能性も高い。
現時点で5人のブラジル人、2人の韓国人を抱える外国人を考慮すると、あまり現実的ではないようにも思える。
このニコンはともかく、新たな外国人助っ人の獲得はあるのであろうか?
注目である。

名古屋&横浜FMも関心のブラジル人MF獲得レースに鹿島も参戦か

中村充孝、いわてグルージャ盛岡入団

いわてグルージャ盛岡に入団する中村充孝である。
先日、モンテディオ山形を契約満了にて退団の報が出たが、無事次なるクラブが決まった。
盛岡の秋田監督は京都サンガ時代に指導した経緯があり、その際に非常に高く評価していた選手であった。
この補強にて盛岡をJ2に残留させる原動力となるのだ。
注目しておる。

【チーム】中村充孝選手 モンテディオ山形より完全移籍加入のお知らせ

伊野波雅彦、契約満了にて横浜FCを退団

契約満了にて横浜FCを退団する伊野波雅彦である。
J2降格の余波は大きかった。
コメントからは変駅を続行する意志を感じさせられる。
次なるクラブはどこになるのであろうか。
伊野波の去就に注目である。

伊野波 雅彦選手 契約満了のお知らせ

六川亨氏、鹿島を常勝軍団に育てた強化責任者・鈴木満さんの退任に思うこと

鈴木満FDの退任について記サッカージャーナリストの六川亨氏である。
長らく日本サッカー界を観てきた六川氏だからこそ見える満さんの立ち位置が伝わってくる。
FDこそ退任したが取締役としては4月まで籍を置く。
アドバイザー的なポジションをそこまで続けて行くであろう。
5月以降も経営陣に名を連ねるのかどうかは、小泉社長以下株主の意向によって決まることとなる。
それまでは鹿島アントラーズFCの顔として尽力して貰う。
そこからは、六川氏の言うように他クラブを強化する道を選ぶことがあるのであろうか。
来年の5月にそれを確かめたい。
注目である。

鹿島を常勝軍団に育てた強化責任者・鈴木満さんの退任に思うこと

20冠全てを知る男の退任、改革と進化の覚悟

満さんの退任について記すREALSPORTSの藤江直人氏である。
満さんの退任会見から抜粋した記事である。
ここで改めて、ジーコスピリッツの継承と吉岡新FDへの期待が高まる。
「大分の社長へ直訴して来てもらってから、準備はしてきたつもりです。鹿島らしさというか鹿島のアイデンティティーをすごく理解しているし、年齢も43歳とまだ若く、新しいサッカーにも精通している。適任だと思っています」いうバトンタッチの言葉と、10年育ててきたという自負が、吉岡FDの責任感と職務実行能力を確たるものにする。
クラブ創設30周年を区切りとして一つの時代が終わった。
来季より新生・アントラーズとなろう。
ただ変わらぬのは我らが深い愛で熱い応援をしていくことである。
鹿島アントラーズと共に歩む。
宿命である。

鹿島「歴史や伝統に拘り過ぎれば時代に取り残される」。20冠全てを知る男の退任、改革と進化の覚悟

名古新太郎、速い攻撃をハイレベルに導くキーマン

レンタルバックする5人の選手について解説するスポーツジャーナリストの河治良幸氏である。
その一人として名古新太郎を挙げる。
「もし名古が健在であれば湘南があそこまで残留争いに苦しむことはなかった」と昨季の活躍を評する。
そして、「プレッシングからの速い攻撃をハイレベルに導くために、キーマンの一人になる」と攻守の切り替えに特徴を持つことを記す。
分厚い選手層の中盤に加え負傷にてスタートも遅れるというハンデを乗り換えてポジションを掴み取って欲しい。
来季の飛躍を期待しておる。

”武者修行”でパワーアップ。来年のJリーグはこのレンタルバック組に注目!

後藤圭太、ティアモ枚方入団

ティアモ枚方に入団する後藤圭太である。
松本山雅FCを退団しフリーとなっていおったが、次なるクラブは新井場がオーナーであるティアモ枚方となった。
鹿島とは深い縁があり、野沢拓也、石神直哉がプレーしたことで知られる。
JFLにて活躍し、クラブをJリーグに引き上げるのだ。
楽しみにしておる。

【選手情報】2022シーズン 後藤 圭太選手 加入のお知らせ

キャプテン・小笠原央くん、勝ちたかったです

U-12サッカー選手権決勝戦にて敗戦を喫し準優勝に終えた茨城県代表の鹿島アントラーズである。
キャプテンの小笠原央くんは、「前線にボールを置いてもはね返されてしまう。前にも進めなかった。点も取れなかった。悔しいです。ここから先、いろんなところで勝っていけたらいいなと思います」と試合を振り返る。
これも経験、しかし「勝ちたかったです」と言い切る負けず嫌いは将来に繋がる。
そして中学生となる来年からは鹿島アントラーズジュニアに昇格する。
アカデミーの主軸として成長していって貰いたい。
クラブの未来を託す。
楽しみである。

下を向くな鹿島の背番号「10」小笠原央、明日があるさ

櫛引政敏、モンテディオ山形からザスパクサツ群馬へ完全移籍

モンテディオ山形からザスパクサツ群馬へ移籍する櫛引政敏である。
これは面白い報。
稔也、和音と共にJ2残留に尽力せよ。
活躍の報を待っておる。

櫛引 政敏選手 ザスパクサツ群馬へ完全移籍のお知らせ

櫛引政敏 選手 モンテディオ山形より完全移籍加入のお知らせ

松本山雅・山口一真、町田ゼルビアに期限付き移籍

町田ゼルビアに期限付き移籍する松本山雅の山口一真である。
クラブがJ3に降格し、個人残留を果たした格好である。
今季の山口一真は負傷明けから出場機会を増やし、一時はスタメンに抜擢されレギュラーポジションを確保したかに見えた。
しかし、チームの不調もあり、ベンチ外となって名波監督の構想外になっていったことが見て取れる。
来季は町田にて実力をより発揮し、悲願のJ1昇格に尽力して欲しい。
注目しておる。

山口一真選手 期限付き移籍加入のお知らせ

山口一真選手 FC町田ゼルビアへ期限付き移籍のお知らせ

浦和・興梠慎三、コンサドーレ札幌に期限付き移籍

予てから報じられておったように浦和から札幌に移籍する興梠慎三である。
期限付き移籍となった経緯は浦和のTDのコメントに表れておるように見える。
とはいえ興梠本人は、「9年間は、本当に自分にとって大きな財産になりました」と惜別のコメントを述べておる。
札幌にて現役最後のプレーをする気持ちが伝わってくる。
札幌は大きな戦力を得た。
来季の対戦が楽しみである。

興梠 慎三 選手 期限付き移籍加入のお知らせ

興梠慎三選手 北海道コンサドーレ札幌へ期限付き移籍のお知らせ

GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料

自身のInstagramを更新したバルセロナBの安部裕葵である。
愛車とおぼしき運転席にてハンドルを握り、「2021年、もう終わりますね、色々な報道がありますが元気にやってます どこかで自分の口からお話出来たらなと思っています!」とコメントする。
なかなか意味深なフレーズと言えよう。
裕葵は今季怪我の影響にて背番号も与えられず公式戦に出場せずにおる。
これではFCバルセロナとしても売り物にならず不良債権と思われても仕方がない。
契約は2023年夏までの残り1年半とのことで、早くどうにかしたいところであろう。
そしてファンからすれば鹿島復帰を望むコメントも理解出来る。
裕葵本人の意思、そして金額的問題が解決出来れば可能性は0ではなかろう。
また、裕葵の愛車が右ハンドルであることに注目したい。
既に左ハンドルのスペインにはおらぬということを暗示しておるように感じさせられる。
安部裕葵の今冬の移籍は成るのであろうか。
注目である。

「かっけぇー!」 バルセロナ安部裕葵、“ベンツ運転”オフショットに「鹿島で待ってます!」

シントトロイデン・鈴木優磨、今季2ゴール目

今季2ゴール目を決めたシントトロイデンの鈴木優磨である。
それが現地にてニュースになったとのこと。
今冬の移籍が予想されそれに対してデニス・シュミット・アシスタントコーチのコメントが報じられておる。
「ユウマ・スズキはベルギーでベストストライカーの1人だ。私は移籍に関しては携わっていないので、クラブのマネジメントに聞いてくれ。ただ、私はスタッフとして、彼の残留を望んでいる」と語る。
チームの現場としての信頼関係が伝わる。
とはいえ、いつまでもこのベルギーに留まっておっては、優磨自身にとっても転売目的で買い上げたクラブにとっても不幸でしかない。
今冬には良いオファーを勝ち得て貰いたい。
いよいよ欧州リーグの移籍ウインドウが開く。
鈴木優磨の去就に注目である。

「別れの前触れ?」 鈴木優磨、年内最終戦後の“長い抱擁”にベルギー紙注目 コーチは残留希望

鹿島アントラーズ、U-12サッカー選手権決勝進出

U-12サッカー選手権にて決勝進出を果たした茨城県代表の鹿島アントラーズである。
これは素晴らしい。
このチームには小笠原満男TAと曽ケ端準アシスタントGKコーチの息子が主軸としてプレーしておる。
小笠原央くんは背番号10を背負いキャプテンとしてとしてチームを牽引する。
そして曽ケ端輝くんは父親とは異なりフィールドプレーヤーである。
決勝は本日12/29 9:30、是非とも日本一となって欲しい。
注目である。

小笠原満男さんJrが背番号「10」、曽ケ端準さん息子もメンバー…鹿島が全日本U―12選手権6年ぶり決勝

鹿島アントラーズFC、忘れてはいけないのは、全員の当事者意識と覚悟、同じ方向に進む一体感

鹿島アントラーズFCの変革についてサッカーダイジェスト誌に寄稿した報知新聞の内田キャップである。
大きな変化が起こっている鹿島について取材し状況を記した上で、「これまで大事にしてきたものが見過ごされないか、不安がないわけではない」と述べる。
確かにこれほどの大きな変革はクラブ史上初と言えよう。
そして、これを乗り越えた先にまた素晴らしい未来があると感じておる。
そして、「代わるが、強みは変わらない」と強調する内田知宏氏の鹿島を見る目は鋭い。
長らく鹿島番であった知見がこの言葉に集約されておる。
鹿島の強みを知る者のみに許される言葉と言えよう。
そして我らは変わらず信じる。
鹿島アントラーズFCがそこにある限り。

“非常事態”の鹿島に大ナタ――忘れてはいけないのは、全員の当事者意識と覚悟、同じ方向に進む一体感

名古新太郎、湘南ベルマーレより復帰

湘南ベルマーレから復帰する名古新太郎である。
期限付き移籍しておった湘南では夏までは不動のレギュラーであり、アタッカーとして活躍しておった。
しかしながら、負傷が長引き戦力になれなかったことは、本人にとっても不本意であろう。
ここは鹿島にてその鬱憤を晴らして欲しいところ。
監督が替わるところで負傷離脱しておることは痛いところではあるが、レネ・ヴァイラー新監督がJリーグに慣れるであろう3月頃に復帰予定であるので、そこで大きくアピールして貰いたい。
テクニックとメンタルにてポジションを奪うのだ。
期待しておる。


名古選手の復帰について

名古新太郎選手 期限付き移籍期間満了及び鹿島アントラーズへ復帰のお知らせ

ようこそ中村亮太朗

ヴァンフォーレ甲府よろ鹿島アントラーズFCに加入する中村亮太朗である。
これは嬉しい。
待望のゲームメイクが出来るボランチの獲得である。
得点感覚を持っており、中盤のどのポジションもこなす。
今後の鹿島を背負う選手として期待が集まる。
レネ・ヴァイラー監督の指導により更に開花して貰おうではないか。
楽しみな選手である。

中村選手の加入について

中村 亮太朗 選手 鹿島アントラーズへ完全移籍のお知らせ

垣田裕暉、サガン鳥栖への期限付き移籍

徳島ヴォルティスへの期限付き移籍を満了となりサガン鳥栖に再度期限付き移籍すると垣田裕暉である。
既報で有り覚悟をしておった。
タイトルを目指すクラブとしては絶対的エースとしては垣田を評価して無かったことが窺われる。
とはいえ、セレッソなどいくつかのクラブからの興味を持たれた中で鹿島との契約を維持しておるところが重要と言えよう。
長身FWは時間がかかるもの。
ルカ・トーニやダリオ・ヒュブナ、オリバー・ビエルホフなども遅咲きであった。
この鳥栖にてJ1での実績を更に出し、大きく成長して鹿島に戻ってきて欲しい。
楽しみにしておる。

垣田選手がサガン鳥栖に期限付き移籍

垣田裕暉選手 鹿島アントラーズより期限付き移籍加入のお知らせ

垣田 裕暉選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料

GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料:最も明るくクールなアイテムを店舗に持ち込みたいという私たちの願いから、特定のニッチセグメントに専念するチームは、スキルと知識を使用して、時代の先を行くトレンドを見つけ、店舗ネットワーク全体を構築するためのプラットフォームをブランドに提供します。 素晴らしい,!超美品再入荷品質至上!,【使い勝手の良い】GALAXY Note10+ [SC-01M SCV45] ハードケース/TPUソフトケース 和柄(其の壱) type003 /送料無料