楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト

楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト

1925円

楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト

楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト:最も明るくクールなアイテムを店舗に持ち込みたいという私たちの願いから、特定のニッチセグメントに専念するチームは、スキルと知識を使用して、時代の先を行くトレンドを見つけ、店舗ネットワーク全体を構築するためのプラットフォームをブランドに提供します。 注目ブランド,最新コレックション,100%品質楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト
fc2ブログ

楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト

  今日の植物は、シンバリアといいます。

 シンバリアは、ゴマノハグサ科 Cymbaria 属(シンバリア属)の植物で、The Plant Listによりますと、この属に分類される種は5種だけという小さな属です。

 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物は、ウクライナ、ロシア、カザフスタン、モンゴル、中国北部から満州といった地域に分布しているということです。
 いずれの種も他の植物の根に寄生して栄養分を吸収しながら、また自身でも光合成をおこなう半寄生植物です。

 切手に描かれているCymbaria daurica種は、モンゴルやロシアの乾燥した山の斜面や草原の砂地に生育しているといいます。またこの種は、モンゴルでは薬用植物として広く利用されているという情報もありました。乾癬などの症状の治療に使われるのだそうです。

 Cymbaria 属は、新しい分類体系ではハマウツボ科に分類されています。

 写真です。ネットから借用しています。

ウスギヌソウ Cymbaria daurica

    Cymbaria dahurica    Cymbaria daurica2
 ●ウスギヌソウという和名がつけられていました。あまりなじみがない植物のように思われますので、和名を持っていることはちょっと意外でした。
 ●右の写真、広々とした辺りの様子が感じられいい写真です。
 ●種小名のdauricaは「ダフリア地方(バイカル湖からモンゴルに至る地域)の」という意味です。

 切手です。

ウスギヌソウ Cymbaria daurica

    stmgl2303.jpg
2019年 モンゴル発行(モンゴルの風景)
 ●この切手は、アルネビア(以前クウエートから発行された普通切手のセットに入っていた属です)を描いた切手と同じセットで発行されました。こちらです。⇒切手植物図鑑
 
スポンサーサイト



2763.今日の植物(2246):コウゾリナ

 今日の植物は、コウゾリナと言います。

 コウゾリナはキク科 Picris 属(コウゾリナ属)の植物で、The Plant Listでは73の種を擁する属だということです。

 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物はヨーロッパ、アジア、アフリカやオーストラリアなど広い地域に分布している植物だということで、Lepidopteraという蝶の仲間の幼虫が食用にする植物だということです。
 属名のPicris はギリシャ語のpicros(苦いという意味を持っているそうです)由来で、この属の植物には苦い味を持っていることからこの名前になったようです。

 切手に描かれている植物の種名は、ATA(American Topical Association)という郵趣団体が発行している植物切手に関する情報によればPicris Saharaeだとされていましたが、いつも頼りのThe Plant Listではこの種はPicris asplenioides subsp. Saharaeの同義だとされておりました。Plant of the World on Lineという情報でも同じく同義とされていましてので、ここは両方の情報に従って、Picris asplenioides subsp. Saharaeとしましょう。

 そのPlant of the World on Lineによりますと、Picris asplenioides subsp. Saharae種は白い花の写真が添えられて自生の範囲はアフリカ 北西部だとなっています。一方、Picris asplenioides種は黄色い花を持ち、自生の範囲も北アフリカからイスラエル、アラビア半島と広くなっております。こちらの方が切手の図や分布についても近いようにも思われ、悩ましいところです。
 ということですが、ここは両方の情報に従って、Picris asplenioides subsp. Saharae種としておきます。

 コウゾリナといいますと、このブログではブタナという植物がエゾコウゾリナという属名で登場していました。
 コウゾリナは漢字で書くと「顔剃菜」で、葉を肌に当てると髭剃りのような感触からこの名前になったということです。

 写真です。悩みの2つの種の写真です。

(左)ピクリス・アスプレニオイデスの亜種 Picris asplenioides subsp. Saharae
(右)Picris asplenioides

    Picris asplenioides ssp saharae2    Picris asplenioides

 切手です。
 引き続いてのクウエート発行の普通切手のセットなのですが、このセットに含まれていて初めて登場する属は今回で最後になります。それにしても多くの新しい植物を取り上げてくれたものだと、改めて驚いています。他の地域ではあまりなじみのない乾燥地の野生の植物を取り上げたことが背景にあると思いますが、このような取り上げ方はいいですね。

ピクリス・アスプレニオイデスの亜種 Picris asplenioides subsp. Saharae

    stkuw0349.jpg
1983年 クウエート発行(普通切手)
 ●最後になりますが、一緒に発行されたセットです。⇒切手植物図鑑  

楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト

 今日の植物は、イヌスイバと言います。

 イヌスイバは、タデ科 Emex属(イヌスイバ属)の植物で、The Plant ListにはEmex属の植物として2つの種が挙げてありました。 きわめて小さな属ということになります。

 ですが、ウイキペディアで検索してみますと、Emex 属はRumex属(スイバ属)と同義だとされ、そのRumex属は200もの種を擁する大きな植物群だとされています。
双方の見解の違いをウイキペディアで説明してありました。 それによりますと、最初、Rumex属が1753年にリンネ氏によって報告がなされたのだそうです。 その際には、多分、現在Emex 属に分類される2つの種もこれに含まれていたものと考えられます。

 その後1819年に、Emex 属は同じ個体に両性花と単性花の両方を持つものとしてRumex属とは分離されたのだそうです。
しかしRumex属に分類される種の中にも同じ特徴を持つものがあることがわかり、さらにEmex 属の特徴とされるほかの項目もRumex属の種の中にもあることもわかり、その結果Emex Rumex 属の亜属とみなされ るようになったということのようです。
 しかし、いつも頼りのThe Plant Listはこの最後の変化を受け入れていないようで、Rumex spinosusEmex spinosaの同義としています
 ということで、このブログではThe Plant Listに準拠してきましたので、Emex 属の植物として取り扱います。

 前置きが長くなりましたが、切手に描かれているEmex spinosa種は、普通にはdevil's thorn(悪魔の棘)と呼ばれているそうです。 もともとは地球の温暖な地域に自生していたのですが、人の活動範囲が拡大することに伴って、分布範囲を広げてきました。 荒れた特に塩分の強い環境に多く見られるということです。
 上に記しましたように、同じ個体に雄花、雌花の両方をつけるのだそうです。 また葉や根は苦みがあるけれども食用になるという情報もありました。

 写真です。 The Plant ListでEmex属に分類されている2つの種です。

イヌスイバ Emex spinosa

    Rumex spinosus (2)     Emex spinosa seed
 ●和名のイヌスイバは、「役に立たないスイバ」といった意味になりそうです。
 種小名のspinosaは「棘のある」という意味ですから、この種子の形状から命名されたのかもしれません。

エメクス・アウストラリス Emex australis



    Emex australis


切手です。

イヌスイバ Emex spinosa

    stkuw0344.jpg
 1983年 クウエート発行(普通切手)
  ●一緒に発行されたセットはこちらです。 ⇒切手植物図鑑

2761.今日の植物(2244):アルネビア

  今日の植物は、アルネビアと言います。引き続いてクウエートから発行された普通切手のセットに含まれている植物です。

 アルネビアは、ムラサキ科 Arnebia hispidissima属(アルネビア属)の植物で、The Plant Listでは、42の種が挙げてありました。
 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物はそのほとんどがアジアに分布し、その他の限られた種が北米の乾燥した地域に分布しているということです。

 切手に描かれているArnebia decumbens種についてウイキペディアに情報がありました。それによりますと、この種は、ヨーロッパと中央アジア、斗南アジアに自生しているということです。黄色い筒状の花を咲かせ、山岳地帯の斜面や荒れた砂地に生育しているようです。
 一方Arnebia hispidissima種はアフリカ中央部、中東からインドに至る地域に分布しているようです。
 また、Arnebia guttata種は、中央アジアからモンゴルに至る地域に分布する種のようです。花弁に紫色の斑点を持っていて、薬用にもなるという情報がありました。

 写真です。切手に描かれている3つの種の写真がネットにありましたので、借用してきました。

(左)アルネビア・デクンベンス Arnebia decumbens
(中)アルネビア・グタータ Arnebia guttata
(右)アルネビア・ヒスピディッシマ Arnebia hispidissima

    Arnebia decumbens   Arnebia guttata   Arnebia hispidissima
 ●種小名は、順に「横臥した」「斑紋がある」「剛毛がある」という意味です。

 切手です。あまり馴染みのない植物ですが、3種が手元にありました。

(左)アルネビア・デクンベンス Arnebia decumbens
(中)アルネビア・グタータ Arnebia guttata
(右)アルネビア・ヒスピディッシマ Arnebia hispidissima

 stkuw0343.jpg    stmgl2302.jpg    stbhr0306.jpg
1983年 クウエート発行 2019年 モンゴル発行 2003年 バーレーン発行
  (普通切手)       (モンゴルの風景)      (国際環境デー) 

2760.今日の植物(2243):ギムナレナ

  今日の植物は、ギムナレナと言います。

 ギムナレナは、キク科 Gymnarrhena属(ギムナレナ属)の植物で、この属には切手に描かれているGymnarrhena micrantha種の1種だけが分類されるという、1属1種の植物です。

 ウイキペディアの情報によりますと、そのGymnarrhena micrantha種は、北アフリカから中東の地域を原産地とする植物で、細いロゼット状の葉を持っています。乾燥した石の多い環境に生息する植物で、有毒だという情報もありました。
 花を3月から4月にかけて咲かせるのですが、地中にも花(underground flowerhead)を持ち厳しい生育環境の中で生き延びることができるのだという情報もありました。
 この植物は湾岸戦争の後に、風で砂が飛ばされタールで覆われた環境でも生育できる数少ない種だとされ、また銅や鉛を含むスラグの上でも生育しこれらの重金属を吸収蓄積することができるともされていました。

 写真です。

ギムナレナ・ミクランサ Gymnarrhena micrantha

    gymnarrhena.jpg    Gymnarrhena2.jpg

 切手です。

ギムナレナ・ミクランサ Gymnarrhena micrantha

    stkuw0342.jpg
1983年 クウエート発行(普通切手)
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイトのお買いものならKDDI株式会社/auコマース&ライフ株式会社が運営するネットショッピング・通販サイト「au PAY マーケット」。au PAY マーケット。人気のアイテムが大集合!2,000万品以上の豊富な品ぞろえ♪送料無料商品やセール商品も多数掲載中!ポイントやクーポンをつかったお買い物もOK!あなたの欲しい物がきっと見つかる♪

器楽合奏リコーダー鼓笛バンド

【詳細情報】

商品種別 : 楽譜
グレード : 3.0
主要テンポ(BPM) : =88
演奏時間 : 03分50秒
キー : G
備考 : サムスン「Galaxy S8+ シリーズ」TVCMソング
出版日 : 2017/08/08

シリーズ:SK ドレミファ器楽
解説:2017年5月1日、予告なしで配信リリース、配信開始2時間弱でiTunes総合ランキング1位となったナンバーです。山崎賢人が出演し話題を呼んでいる、携帯電話“Galaxy”の連作CMソングに起用されました。20年間変わらず幼馴染同士のメンバーで、音楽シーンの最前線を歩み続けてきたBUMP OF CHICKEN。彼らの現在進行系の冒険譚とこれからが物語性の高い詞で綴られる、胸に響くミディアム・ナンバーです。

【アレンジャーより】
 シンプルなイントロから、エンディングに向かってリズムや構成音がだんだん増えていく原曲の面白さを、この編曲でも出来る限り尊重しました。前半には休みや同じパターンの繰り返しが多いパートもありますが、数え間違いに注意しつつ後半に向けてエネルギーを蓄えてください。
 原曲の歌詞に合わせてメロディを書いています。音やリズムに各回で微妙な違いがありますので、注意しましょう。
 ロックバンドのベースのように、いろいろな意味で低音楽器の存在感が感じられる合奏となるとよいですね。

編曲者:山里佐和子(ヤマザトサワコ)
作曲者:藤原基央
編成:フルスコア
リコーダー
鍵盤ハーモニカ
木琴
鉄琴
ソプラノアコーディオン
アルトアコーディオン
テナーアコーディオン
低音楽器
ピアノ
フルート
トライアングル、小太鼓、大太鼓
サスペンデッド・シンバル、タンバリン
※フルート及びティンパニなどの特殊打楽器は、無くても演奏可能。

使用Perc.:トライアングル、小太鼓、大太鼓 / サスペンデッド・シンバル、タンバリン


・版型:A4
・ISBNコード:9784814702305
・JANコード:4533332887231
・出版年月日:2017/08/08

【収録曲】
・リボン
アーティスト:BUMP OF CHICKEN
作曲:藤原基央 編曲:山里佐和子

※収録順は、掲載順と異なる場合がございます。

■管理コード:4533332887231



Window2K / XP / 2003 / Vista / 7、Linux、Mac 10 OS、SATA I II III HDD (中古品)au Xperia 1 III SOG03 ハードケース / カバー【YA951 石ドア01 素材クリア】 UV印刷 (au エクスペリア1 III SOG03/SOG03用)502SH AQUOS Xx2 スマホケース softbank ソフトバンク 007641 アニマル ハードケース 携帯ケース スマートフォン カバー手帳タイプ スマホケース カバー SHL22 005398 ユニークアナと雪の女王 2 アイスバッグ(氷のう) Mノンストレスブラプラス グレー 8 送料無料ds-2176420 Azur ハンドルカバー ワゴンR ステアリングカバー 木目ブラック S(外径約36-37cm) XS57A24A-S (ds2176420)002167 機種別4 AT703 TOSHIBA 東芝 REGZA Tabletレグザタブレット
UCHICOOK(ウチクック) ろ過パウダーセット50g 1226セトクラフト 不思議の国のアリス スマホスタンド ハンプティダンプティ・SR-0783Gifts of Nature 海月日和 DVD-BOX(中古品)502SH AQUOS Xx2 スマホケース softbank ソフトバンク 001967 クール ソフトケース 携帯ケース スマートフォン カバー東空販売 TOKU ニードルスケーラ TNS-200P TNS200PAQUOS Xx2 mini 503SH ケース スライド式 スマホケース 手帳型 手帳型ケース スマホカバー プリント 手帳 カバー スマホ 携帯ケース オリDEWALT 9 FLEXVOLT Diamond Cutting Wh並行輸入品igcase 701SH AQUOS R Compact アクオス アール コンパクト カバー レザー ケース 手帳 革 009563
プロフィール

おにぐんそう2

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト

楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト:最も明るくクールなアイテムを店舗に持ち込みたいという私たちの願いから、特定のニッチセグメントに専念するチームは、スキルと知識を使用して、時代の先を行くトレンドを見つけ、店舗ネットワーク全体を構築するためのプラットフォームをブランドに提供します。 注目ブランド,最新コレックション,100%品質楽譜 SK723 ドレミファ器楽 リボン/BUMP OF CHICKEN / ミュージックエイト